茶杓「春浅し」/ 高橋悠眞

¥ 25,300

竹 / 錫粉, 漆 / 18.5×1.0×h2.0 cm

主に変塗という技法で、漆を何層にも重ね、研ぎ出すことによって模様を表現しています。
変塗は江戸時代、刀の鞘に盛んに使われていた技法です。
現代では青森の津軽塗などが主流ですが、高橋さんは漆の落ち着いた色味と、現代的な色相を使って日常に親しみやすい作品制作を心がけられています。
漆はお使いいただくことにより、美しい光沢が生まれ味わい深いものになっていきます。
天然漆を使用しているため色合いが多少変化する事がありますが、生きている素材とお考え下さい。
日常に触れられる美術をお楽しみください。

[高橋 悠眞]
1988 東京都生まれ
2015 東北芸術工科大学芸術学部美術科工芸コース 卒業
2018 卯辰山工芸工房 修了
現在、金沢市にて制作

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 1,000円
Related Items
  • フリーカップD / 高橋悠眞
    ¥ 13,200
  • フリーカップF / 高橋悠眞
    ¥ 13,200
  • 椀A / 高橋悠眞
    ¥ 16,500